きっかけとして多いのは

指輪

一緒にいたいと思ったとき

遠距離恋愛は短期間で終わるのならばそこまで負担はないのですが、長期間になると様々な面で負担が大きくなります。特に社会人になってからの遠距離恋愛は長期にわたることが多いです。社会人になってからの恋愛は、特に女性側に結婚の焦りがあることが多いので、遠距離恋愛という状況は難しいものとなります。男性はそこまで急いでいないことが多いので、その点が大きなギャップとなり、喧嘩になったり別れてしまったりすることも多いのです。しかし、遠距離恋愛でも結婚を意識させることはできます。結婚を意識するきっかけは、一緒にいたいと思えるかという点につきます。たとえばよくあるのが、男性が風邪や体調不良で寝込んでいるときにお見舞いに来てくれた彼女にぐっとくるというエピソードです。体が弱っているときは気持ちも不安になり、寂しいものになります。そんなときに優しく看病してもらうと弱った心に暖かさと嬉しさが満ちて、一緒にいたいと思うようです。たまのデートで体調を崩していたら、むしろチャンスだと思う方がよいでしょう。また、何でもない自宅デートのときに、料理をしたり、洗濯や掃除をしたりと、家庭的な面をのぞかせるのも有効です。結婚後の生活がイメージしやすくなり、一緒にいたいと思うことが多いためです。外出してのデートのときも、なるべく楽しくふるまい、不満や愚痴などマイナスの話題は選ばないようにしましょう。帰りたくない、離れたくないと思わせたらしめたものです。

Copyright© 2017 婚活パーティーを主催している結婚相談所を利用しよう |特徴とは All Rights Reserved.